Top > 入会案内
ごあいさつ
概要
最近の活動
トピックス
住産連リーフレット
入会案内
リンク
参考資料
政府への意見窓口
連絡先
住宅産業振興連盟への入会について
 各位におかれましては、住宅産業の発展のために、率先してご入会いただきたいほか、趣旨に賛同いただける方に広くご案内いただきますようお願いいたします。
 なお、本会活動に対するご支援の必要性については、以下の内容をご説明いただき、自らの職業・生活と政治との関わりについて関心を持ってもらい、その機会として住宅産業振興連盟への入会をご案内ください。
本会活動支援の意義
社会貢献活動として
 住環境の質的向上は、経済の安定的発展、豊かさを実感できる社会の実現のための基礎となるものであり、国家の重要課題として取り組まなければならないものであるが、そのために、住環境の向上に関する基本的な考え方を示す「住生活基本法」なるものが制定された。
 また、大規模地震の発生が危惧されるなか、国民の生命と生活を守るためには、住宅ストックの耐震性向上が優先課題であり、このことは過去の大震災後の復興を鑑みると、将来の公的負担を軽減することにも繋がる。
 こういった国民的課題に対する政策を促すためには、政治への積極的な働きかけが不可欠であり、その方法として設立されることとなったのが「住宅産業振興連盟」である。当連盟の活動は、国民の豊かで安全な住生活の向上につながるものであり、これに入会・支援することは社会貢献活動のひとつの方法でもある。
政治への積極的関与として
 日本における「住宅・住環境」は、先進国に比べて依然として遅れているといわれている。これからの少子高齢社会の中で、ゆとりある豊かな住生活を実現していくためにも、住宅に係る税制や金融などのしくみづくりが重要であり、住宅政策のあり方に関する政治のイニシアチブが肝要である。
 住宅購入が住宅税制の影響を大きく受けることは、多くの方々が理解していることであるが、それにもかかわらず、住宅産業の事業活動と政治との関わりの重要性については認識が低いと思われる。
 住宅産業界の安定的・永続的発展は、政治と深く絡んでいるものであり、中長期的視点に立てば決して人任せにできないものであることを認識し、より一層政治に目を向ける必要がある。
自らの生活向上のため
 これからの社会における「ゆとりある豊かな住生活」の実現と住宅産業の発展は、住宅産業に従事する者に、雇用の安定と生活向上をもたらすことができる。住宅産業に携わる者、個人個人がひとつに結集し、住宅・住環境についての国民の声を代弁し、豊かな住生活の実現を目指して、積極的に発言し行動していくことが求められている。
 住宅産業振興連盟の活動支援 (入会) は、住宅関連企業の企業価値向上のために必要であり、ひいては住宅産業に携わる者としての誇り、自らの生活基盤の安定・向上につながるものである。
消費税率引き上げへの対策として
 消費税率の引き上げは不可避と考えられているが、これに対し手をこまねいていると、住宅投資は大きく影響を受け、住宅関連産業に携わる者にとっては、雇用や給与水準の維持・向上は困難であり、本人およびその家族の将来への不安は増大する。  そういった状況にならないためには、住宅に係る消費税の見直しなど、住宅産業の振興を図るための政策実現を目指すため、住宅業界の代弁者となって重要施策の決定に尽力してもらえる政治家を、今まで以上に応援していくことが必要であり、その方法として重要となるのが、住宅産業振興連盟の活動である。
住宅産業界の発言力強化・地位向上のため
 日本経団連は、その活動ビジョン「活力と魅力溢れる日本をめざして」の中において、「経済界の考えに共鳴し行動する政治家を支援する」ことを明記し、諸課題の実現のために政治への働きかけをより一層強めていくことを表明している。
 日本経済の内需主導の成長を図るうえで、他産業への波及効果の大きい住宅産業界の役割は大きく、そういった中、住宅産業界も日本経団連の動きに呼応し、現場の声を反映した明確で具体的な提言をより積極的に行い、政治における発言力を高めていくことが望まれている。
入会申し込みについて
住宅産業振興連盟の趣旨、目的に賛同いただけるかたは、入会申込書をプリントアウトの上、ご記入いただき、FAXかご郵送にて、住宅産業振興連盟までお送りください。折り返し、会費を納入いただく書類をお送りいたします。