Top > トピックス > 「フラット35S」(優良住宅取得支援制度) が4月1日から受付が始まりました
ごあいさつ
概要
最近の活動
トピックス
住産連リーフレット
入会案内
リンク
参考資料
政府への意見窓口
連絡先
「フラット35S」(優良住宅取得支援制度) が4月1日から受付が始まりました
 住宅金融支援機構が買取・保証する長期固定型住宅ローン (フラット35) を利用される方で、省エネルギー性や耐震性などの要件を満たす住宅を取得される場合、当初10年間の借り入れ金利が年0.3%優遇されます。
 平成21年5月1日以降に住宅ローン資金の受領の方が対象となり、募集枠は約35,000戸相当、先着順にて募集枠に達し次第終了となります。
 フラット35Sは、次の4つの技術基準のうち、いずれか1つをクリアすることが条件となります。
省エネルギー性 省エネルギー対策等級4の住宅
バリアフリー性 高齢者配慮対策等級3、4または5の住宅
耐震性 耐震等級 (構造躯体の倒壊等防止) 2または3の住宅
免震建築物
耐久性・可変性 劣化対策等級3、かつ維持管理対策等級2または3の住宅 (共同住宅等については、一定の更新対策が必要)

 詳しくは、住宅金融支援機構のホームページをご覧ください。
← トピックスindexへ戻る