Top > トピックス > フラット35S優遇金利 (当初10年間1%金利引き下げ) が延長へ
ごあいさつ
概要
最近の活動
トピックス
住産連リーフレット
入会案内
リンク
参考資料
政府への意見窓口
連絡先
フラット35S優遇金利 (当初10年間1%金利引き下げ) が延長へ
 国土交通省は、住宅金融支援機構の取り扱っている長期固定金利型住宅ローン「フラット35S」(優良住宅取得支援制度) の0.3%金利引き下げを当初10年間、1%に拡大する措置が、今年末期限切れを迎えることになっていますが、その期限を、平成23年3月末まで延長する方針を固めたと報道されています (2010年8月19日朝日新聞)。最近の長期金利の低金利化傾向と相俟って、これから住宅取得を計画される方にとって、良い機会となるといえます。












← トピックスindexへ戻る