Top > トピックス > 住宅エコポイント、復活へ閣議決定
ごあいさつ
概要
最近の活動
トピックス
住産連リーフレット
入会案内
リンク
参考資料
政府への意見窓口
連絡先
住宅エコポイント、復活へ閣議決定
 2011年10月21日、野田内閣は、震災復興をメインとした第3次補正予算案を閣議決定した。その中で、住宅エコポイントの復活が、円高経済対策として盛り込まれ、10月28日にも臨時国会へ提出されます。エコ住宅の新築では、東日本大震災の被災地で30万円分相当のポイント、その他の地域で15万円相当、エコ改修で最大30万円相当のポイントが付与され、住宅の工事費にあてたり商品に交換したりできる制度です。省エネの観点から、内需の柱の住宅市場の底上げを図るものです。既に高い経済効果をもたらした住宅エコポイント制度です。その復活に大きな期待が寄せられています。 今年7月末に終了した住宅エコポイントの実績は次のとおりです。
 
(住宅エコポイント 平成23年9月末実施状況)
区分 申請戸数 発行戸数 住宅エコポント数 工事期間
新築 494,638戸 478,829戸 1436億4920万 H21.12.8
ポイント 〜H23.7.31
リフオーム 548,161戸 529,389戸 311億2379万 H22.1.1
ポイント 〜H23.7.31
合計 1,042,799戸 1,008,218戸 1747億7729万
ポイント
(国土交通省、住宅エコポイント事務局集計)
注)1ポイント;1円分相当
← トピックスindexへ戻る