Top > トピックス > 平成24年度住宅着工数が89万3千戸と3年連続の増加
ごあいさつ
概要
最近の活動
トピックス
住産連リーフレット
入会案内
リンク
参考資料
政府への意見窓口
連絡先
平成24年度住宅着工数が89万3千戸と3年連続の増加
 4月30日、国土交通省が平成24年度の新設住宅着工戸数が、89万3千戸、前年度比6.2%の増加となり、3年連続の増加となったと、発表しました。
 利用関係別では、持ち家が316,532戸、前年度比3.8%増で、前年の減少から再び増加し、貸家が320,891戸、前年度比10.7%と4年ぶりの増加、分譲は249,660戸と前年度比4.4%増で3年連続の増加となりました。分譲のうち、マンションは124,027戸で3.3%増、一戸建て住宅は124,536戸で5.6%増です。
 地域別では、総戸数の前年度比で、首都圏3.1%増、中部圏3.0%増、近畿圏3.5%増に比して、「その他地域」が前年度比11.3%増と大きく伸び、その中でも貸家19.2%増、分譲・一戸建て16.0%増が目立っており、注目されます。
 持ち家系 (持ち家+分譲) の割合は、63.4%です。
 新設住宅着工は、平成21年度77万戸への25%減という低下から、徐々に立ち直り、新設住宅着工100万戸時代への復活が視野に入ってきたといえます。
 
 なお、長期優良住宅の認定状況は、平成24年度で一戸建て住宅;102,748戸、共同住宅等;4,504戸で合計107,342戸です。新設住宅着工でのシエアをみてみると、一戸建てでは、持ち家+分譲・一戸建てのうち、23.3%を占めていることがわかります。長期優良住宅の認定制度の開始 (H21.6〜) 以来の累積では、一戸建て;363,567戸、共同住宅等;10,211戸の合計373,778戸です。(詳細は国土交通省住宅局住宅生産課へお問い合わせください)
 
 詳しくは、国土交通省ホームページの「統計情報・白書」から「統計情報」→「建築着工統計調査報告 (平成24年度分) (平成25年4月30日)」をご覧ください。

← トピックスindexへ戻る