Top > トピックス > 参議院選挙、7月21日 (日) 投票へ向け選挙戦始まる
ごあいさつ
概要
最近の活動
トピックス
住産連リーフレット
入会案内
リンク
参考資料
政府への意見窓口
連絡先
参議院選挙、7月21日 (日) 投票へ向け選挙戦始まる
 第23回参議院選挙が、7月4日公示され、7月21日 (日) の投票日に向け、選挙戦が始まった。昨年12月総選挙で、第二次安倍内閣が発足して初めての国政選挙となり、その評価が問われます。
 参議院の任期は6年、総定数は242人です。半数の121人が、選挙時期を3年ずらして選ばれます。121人の内訳は、都道府県単位の47選挙区から73人、全国1ブロックの比例代表から48人が選出されます。比例代表は、候補者名か党名を記入することになります。
 今回の候補者総数は、430人超の見通しだそうです。
 
ネット選挙運動の解禁
 今回からインターネットを利用した選挙活動が始まります。有権者も、ホームページ、ブログ、フェイスブック、ツイッター等を利用して、候補者の情報を入手したり、自分の意見を候補者へ伝えたり、特定候補への投票を呼びかけたりできます。ただし、メールをだせるのは、政党と候補者のみで、有権者は禁じられています。また、ネットで選挙運動を行う際は、自分のメールアドレスなどの連絡先を表示しなければなりません。
 
(ネット選挙運動の解禁でできること) ○:できる ×:できない
政党 候補者 有権者
ホームページ、ツイッター、フェイスブックを使った選挙運動
電子メールでの選挙運動 ×
有料インターネット広告 × ×
ウエブ上の選挙ビラを紙に印刷して配布 × × ×
(2013年7月4日朝日新聞より抜粋)
← トピックスindexへ戻る