Top > トピックス > 参議院選挙、自民党の圧勝で終わる
ごあいさつ
概要
最近の活動
トピックス
住産連リーフレット
入会案内
リンク
参考資料
政府への意見窓口
連絡先
参議院選挙、自民党の圧勝で終わる
 7月21日投開票された参議院選挙は、自由民主党が圧勝し、与党が参議院の過半数を占める結果となった。衆参のねじれ状態は、3年ぶりに解消することになります。
 与党 (自民党、公明党) は、選挙前の103議席から135議席となり、総議席242議席の2分の一を上回った。それに比して、民主党は、選挙前の86議席から59議席と惨敗の結果となった。投票率は、52.61%と前回より5.31%低く、過去3番目に低いものだった。
 この結果をうけ、安倍政権は、“決められる政治”が「国民から力強く背中を押していただいた」とし、経済優先を継続し、長期政権を見据えて、「本当のスタート」を切ることになります。
 
(参議院の党派別新しい勢力と今回の当選者数)
党派別 新勢力 今回の当選者 当選者の内訳
選挙区 比例
自由民主党 115 65 47 18
民主党 59 17 10 7
公明党] 20 11 4 7
みんなの党 18 8 4 4
共産党 11 8 3 5
維新の会 9 8 2 6
社会民主党 3 1 0 1
生活の党 2 0 0 0
新党改革 1 0 - -
諸派 1 1 1 0
無所属 3 2 2 0
合計 242 121 73 48
← トピックスindexへ戻る