Top > トピックス > 長期優良住宅リフオーム化推進事業の募集要領案固まる
ごあいさつ
概要
最近の活動
トピックス
住産連リーフレット
入会案内
リンク
参考資料
政府への意見窓口
連絡先
長期優良住宅リフオーム化推進事業の募集要領案固まる
 1月23日、国土交通省より、既存住宅リフオームで長期優良住宅を目指すものについて、募集内容の案が発表されました。既存住宅改修にいて、耐震性、省エネ性、バリアフリー、劣化対策などで一定の性能基準をクリアする改修工事を対象として、改修費の3分の一、上限100万円の補助金が交付されます。

長期優良住宅化リフオーム推進事業の概要
要件
1.
リフオーム工事前に、インスペクションを行うとともに、工事後に、維持保全計画を作成すること
2.
下記の性能項目のいずれかの性能向上に資するリフオーム工事を行うこと
a劣化対策 b.耐震性 c.維持管理・更新の容易性 d.省エネルギー性
e.高齢者対策 (共同住宅のみ) f.可変性 (共同住宅のみ)
3.
リフオーム工事後に少なくとも劣化対策と耐震性 (新耐震基準) の基準を満たすこと
申請者
1.
リフオーム工事の発注者
2.
工事施工業者
補助対象
A
長期優良化リフオーム工事の要する費用
(ただし、(1) の工事に要する費用が過半であること)
(1)
特定性能向上工事;以下の性能項目の基準を満たすための工事
a.
劣化対策 (劣化対策等級2に適合し、床下・小屋裏空間の点検が容易であること)
b.
耐震性 (新耐震基準に適合)
c.
維持管理対策等級2に適合し、漏水、腐食等の事象がないこと
d.
省エネルギー対策 (開口部の断熱化や高効率化設備など)
e.
高齢者対策 (共同住宅のみ)
f.
可変性(共同住宅のみ)
(2)
その他の性能向上工事;(1) 以外の性能向上工事
インスペクションで指摘された箇所の改修工事
外壁、屋根の改修工事
バリアフリー工事
環境負荷の低い設備への改修
一定水準に達しないa~fの性能向上に係る工事
B
インスペクション費用、リフオーム履歴作成費用、維持保全計画作成費用
補助対象;A+B
補助率上記に要する費用の3分の一
上限補助限度額;1戸あたり 100万円
住宅面積戸建て;55m²以上  共同住宅;40m²以上
工事
平成26年9月までに工事着手
平成27年1月までに工事完了し、補助事業完了実績報告書の提出できるもの


なお、公募の開始は、平成25年度補正予算の成立後となります。
お問い合わせ先は、国土交通省住宅局住宅生産課 TEL03-5253-8111 (内線39431)。

詳しくは、国土交通省ホームページの「住宅・建築」から「新着情報」の「長期優良住宅リフオーム推進事業」の公募内容に係る情報提供について (2014年1月23日)」をご覧ください。
← トピックスindexへ戻る